千葉県四街道市の土地分譲・建売分譲

まちに息づく憩いの緑と伝統。暮らしをやさしく見守ります。

よつかど」の碑石
四街道発祥の地を証明。「よつかどの碑石」
JR四街道駅から500メートルほど歩いたところにある「四街道交差点」には、各面にそれぞれの方角が示す4つの街道の名が書き記された、「よつかどの碑石」が建てられています。
碑石に記された街道名
北/成田山道
東/登宇がね(東金)・馬渡道
南/千葉町道
西/東京・船橋道
掘込城のお膝元。おやしき通り
ひかりが丘を構成する道のひとつに、JR「四街道」駅へつながる「おやしき通り」があります。この周辺は、かつて「御屋敷」という地名で呼ばれていたエリア。中世の時代に建てられた「掘込城」のお膝元であり、武家屋敷が建ち並んでいたことから、その名がついたのではないかと言われています。
おやしき通り 堀込城跡
御成街道
将軍が「お成り」になった道。御成街道(東金新道)
「御成街道」は、船橋から千葉を通り東金まで約37kmに渡り、ほぼ直線に造られた道。将軍徳川家康が、「鷹狩り」をすることを目的に、佐倉藩主土井利勝に整備させました。以降3代将軍家光まで通ったと言われています。(※千葉市若葉区を中心に、四街道市内の一部も通る街道です。)
樹齢100年を超える松の道。松並木通り
JR四街道駅の北口を県道四街道・上志津沿線沿いに歩くと、たくさんの松の木に出合います。これは明治時代に植えられたもの。樹齢100年を軽く超えるこの巨木たちは、緑豊かな歴史ある風情を残しながら、様々な時代に生きる人々を見守り続けています。
松並木通り

四街道のお祭り&イベント紹介
四街道には、市民がふれあえるイベントもたくさん。市内外から多くの参加者や見学客が訪れ、四街道市全体がアツく盛り上がります。和良比はだか祭り(どろんこ祭り)、夏祭り(ふるさとまつり)、ガス燈ロードレース大会

PAGETOP
Copyright © 四街道めいわひかりが丘 All Rights Reserved.